toggle
2021-05-21

【純温泉】新潟県 松之山温泉「ひなの宿ちとせ」

  • 【住所】〒942-1432 新潟県十日町市松之山湯本49-1
  • 【TEL】025-596-2525
  • 【泉質】ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
  • 【宿泊】1泊2食16,500円~、素泊まり11,000円~
  • 【立ち寄り湯】10:30~15:00(受付14:00まで) 大人1,000円、小人700円
    ※露天風呂「月見の湯」10:30~12:00女性、13:00~15:00男性
    ※毎週月曜日休み(祝日の場合、翌火曜日)、毎週木曜日午前中休み
    ※駐車場は宿泊者専用(立ち寄り湯の際は温泉街の公共駐車場を利用して下さい)
  • 【喫煙】客室不可・喫煙スペース有り
  • 【言葉】日本語・英語
  • 【ペット】不可


 宿のオフィシャルサイトへ  
   地図 


純温泉浴槽配置図

 純温泉B =浴槽①②③④⑤⑥⑦⑧

※純温泉B:加水あり、加温なし、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし


 純温泉の浴槽 

 

浴槽①(男大浴場露天風呂)=純温泉B

 

浴槽②(女大浴場露天風呂)=純温泉B

 

浴槽③(貸切風呂「山の湯」)=純温泉B

 

浴槽④(貸切風呂「里の湯」)=純温泉B

 

浴槽⑤(露天風呂「月見の湯」)=純温泉B

 

浴槽⑥(客室310)=純温泉B

 

浴槽⑦(客室311)=純温泉B

 

浴槽⑧(客室312)=純温泉B

 


純温泉認定書

特徴 松之山温泉は日本三大薬湯のひとつに数えられる温泉だ。また、稀有な「ジオプレッシャー型」や「化石海水型」と言われている温泉でもあり、地中深くに閉じ込められた太古(800万年~1200万年前と言われている)の海水が地熱で温められて温泉となり、地上に湧き出している。
泉質は「ナトリウム・カルシウム-塩化物泉」で、溶存物質が16g/kg以上をも含む高張性の温泉である。
また、香りが独特であり、アブラ臭と言われるが、一般的アブラ臭とは異なり、薬品のような香りも感じられる。これは臭素(臭化物イオン)が由来だと思われる。松之山温泉ならではの温泉アロマである。
また、目に良いとされ、殺菌効果があると言われるメタホウ酸は、280㎎以上も含み、保湿成分と言われるメタケイ酸も160㎎以上含んでいる。
まとめると、とても温まり、美肌効果もあり、殺菌効果も期待できる、まさにオンリーワン的な薬湯である。

 


温泉分析書

※以下のコメントは、純温泉サポーターズクラブの方々のコメントです。
関連記事