toggle
2021-06-22

【純温泉】大分県 観海寺温泉「いちのいで会館」

  • 【住所】〒874-0829 大分県別府市上原14-2
  • 【TEL】0977-21-4728
  • 【泉質】ナトリウム-塩化物温泉
  • 【料金】大人700円、小人300円(食事付:大人1,600円、小人800円)
  • 【営業時間】平日11:00~17:00、土日祝10:00~17:00(最終受付16:00)
  • 【休み】不定休 12月30日、12月31日
  • 【浴室】カランなし、シャワーなし、シャンプー等なし
  • 【ロッカー】あり(100円)
  • 【ドライヤー】あり(無料)
  • 【休憩スペース】あり(食事付の方のみ利用可)
  • 【飲食】あり(食事付入浴:大人1,600円、小人800円)
  • 【言葉】日本語、英語
  • 【その他】
    「景観の湯」は奇数日女湯・偶数日男湯
    「金鉱の湯」は現在閉鎖中
    「貸切湯」は現在、貸切利用ではなく、奇数日男湯・偶数日女湯


 施設のオフィシャルサイトへ 


 地図 


純温泉浴槽配置図

 純温泉A =浴槽①・②・③・④・⑤・⑥・⑦・⑧

※純温泉A:加水なし、加温なし、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし


 純温泉の浴槽

浴槽①(景観の湯)=純温泉A

 

浴槽②(景観の湯)=純温泉A

 

浴槽③(景観の湯)=純温泉A

 

浴槽④(金鉱の湯)=純温泉A (只今閉鎖中

 

浴槽⑤(金鉱の湯)=純温泉A (只今閉鎖中

 

浴槽⑥(家族湯)=純温泉A

 

浴槽⑦(家族湯)=純温泉A

 

浴槽⑧(家族湯)=純温泉A

 


純温泉認定書

特徴 特筆すべきはやはり色。コバルトブルーに色づく温泉だ。高温の温泉かつシリカ(メタケイ酸)が多いと、時間経過と共にシリカ成分がコロイド化することにより、光の反射(レイリー散乱)により青く色づく。よって、タイミングによっては透明~青~青白の温泉を体感できる。

掘削自噴する温泉の温度は100℃を超える。ナトリウム-塩化物泉であるため、保湿や保温効果が期待できる。また、天然保湿成分と言われるメタケイ酸は250㎎/ℓ以上含有し、まさに美肌の湯。温泉自体、独特のとろみを感じられる。

 


温泉分析書

コメント1件

※以下のコメントは、純温泉サポーターズクラブの方々のコメントです。
  • 杉戸 克洋 より:

    場所は、一口で別府公園の西側の小高い山の中腹にある。車で行くことをお勧めする。住宅街を抜けて行くため、しっかりとナビをセットした方がよいだろう。
    立ち寄り湯は、お昼とセットになっているため、事前の予約をお勧めする。

    お湯は、珍しいコバルトブルー色のナトリウム-塩化物泉で、メタケイ酸を多く含む美肌の湯。掘削自噴する温泉の温度は102℃。

    湯舟は、内湯がなくすべて露天風呂のみ。景観の湯は、プールと間違えてしまうほど広く、別府の街並みから海まで見渡せる。金鉱の湯は、木々に囲まれている。
    私が行った時は、温泉井戸の都合により入れる湯舟がいろいろと変更されていた。

    食事は、一つ一つが丁寧に作られており美味しくいただけた(量的に男性には少なく感じられたがお昼と考えれば十分である)。

    最初行った時は、「こんな住宅街の所に温泉施設があるのか」と迷ったが、何度でも再訪したくなる温泉の一つです。


  • ※純温泉サポーターズクラブの方々のみ、コメントが可能です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事