toggle
2019-07-07

【純温泉】岐阜県奥飛騨 平湯温泉「ひらゆの森」

  • 【住所】〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
  • 【TEL】0578-89-3338
  • 【泉質】カルシウム・ナトリウム・マグネシウムー炭酸水素塩・塩化物温泉、カルシウム・ナトリウム・マグネシウムー炭酸水素塩・硫酸塩温泉
  • 宿について
  • 【宿泊】1泊2食7,500円~、素泊まり4,000円~
  • 【喫煙】一部の客室は可、数カ所喫煙スペースあり、
  • 【言葉】日本語、英語、中国語
  • 【ペット】不可
  • 【その他】4月、9月、12月にメンテナンス休館あり 詳しくはお電話でお問い合わせ下さい

<日帰り温泉について>

  • 【営業時間】10:00~21:00
  • 【料金】大人600円、小人(3歳~小学6年生)400円、貸切風呂 1名1,000円 12:00~15:00
  • 【浴室】カランあり、シャワーあり、シャンプー等あり
  • 【ロッカー】あり(100円)
  • 【休憩スペース】あり(無料)
  • 【飲食】レストラン「もみの木」併設(飛騨牛、定食、丼物、単品等あり)
  • 【休憩スペース】あり(無料)
  • 【言葉】日本語、英語、中国語等
  • 【その他】4月、9月、12月にメンテナンス休館あり 詳しくはお電話でお問い合わせ下さい

 宿のオフィシャルサイト   地図 


純温泉浴槽配置図

 純温泉B =浴槽a ~ u

※純温泉B:加水あり、加温なし、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし

※「ひらゆの森」の浴槽は全て純温泉です


 純温泉の浴槽  


手前から浴槽e.c.d.b(男性露天風呂)=純温泉B

 


浴槽a(男性内湯)=純温泉B

 


浴槽f(男性露天風呂)=純温泉B

 


浴槽g(男性露天風呂)=純温泉B

 


浴槽u(貸切風呂)=純温泉B

 


浴槽u(貸切風呂)=純温泉B

 


浴槽b(男性露天風呂)=純温泉B

 


浴槽c(男性露天風呂)=純温泉B

 


純温泉認定書(ひらゆの森の湯源泉)

特徴 無色透明~やや青みがかった白濁を呈す。硫黄泉には至らないが、かなりの硫黄成分を含むため、硫化水素臭をしっかりと感じられる。

※純温泉B:加水あり、加温なし、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし

 


温泉分析書(ひらゆの森の湯源泉)

(浴槽a.e.f.g.h.m.n.o.p.q.r.s.t.u

 

 


純温泉認定書(水石の湯源泉)

特徴 無色透明な湯。硫黄泉には至らないが、かなりの硫黄成分を含むため、硫化水素臭をしっかりと感じられる。また、遊離二酸化炭素(炭酸)を500mg以上含み、炭酸味も感じられる。

※純温泉B:加水あり、加温なし、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし


温泉分析書(水石の湯源泉)

(浴槽b.c.d.i.j.k.l

 

 

コメント3件

  • 田辺 健 より:

    岐阜の大温泉郷でもあり、日本屈指の温泉郷、奥飛騨温泉郷の入口にあり、
    男湯7、女湯9の湯船があり、どれもが純温泉。
    どばどばと溢れて止めることができない湯は、さすが日本三位の湧出量を誇る温泉郷。
    現在の分析では硫黄泉にはなりませんが、しっかりと香る硫黄臭がたまりません。
    硫黄分に加えて豊富なカルシウム分で、綺麗なムーンストーンのような白濁の湯や、白い湯の花が舞う湯を楽しめます。
    これから広がる大温泉郷なのに、ここにずっといたくなるほどの名湯です。

  • 杉戸 克洋 より:

    国道158号線で平湯温泉郷方面へ。平湯温泉街の入り口にありバスターミナルも近い。

    温泉は、一見硫黄泉と間違えるほど硫化水素臭が感じられ、白濁の湯舟や湯の花も見られます。
    男女とも露天風呂が多数あり、趣の違う湯船を楽しむことができる施設です。

  • 尾畑卓郎 より:

    2020年8月に訪問、立ち寄りでの利用です。
    濃飛バス「平湯温泉バスターミナル」から徒歩5分ぐらいの場所です。
    この素晴らしいお湯はもちろんのこと、ごろ寝ができる無料の休憩所や豊富な浴槽を備えているのに600円という値段はかなり安いと感じました。


  • ※コメントは、純温泉サポーターズクラブの方々のみ、となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事