toggle
2020-12-11

【純温泉】鳥取県 関金温泉「鳥飼旅館」

  • 【住所】〒682-0411 鳥取県倉吉市関金町関金宿1232
  • 【TEL】0858-45-2121
  • 【泉質】単純弱放射能温泉
  • 【宿泊】1泊2食7,000円~、素泊まり3,500円~
  • 【立ち寄り湯】大人500円、小人300円 (要確認) 
  • 【喫煙】客室可・ロビー可
  • 【言葉】日本語
  • 【ペット】可(相談に応じる)


 宿の参考サイトへ 
  地図 


純温泉浴槽配置図

 純温泉A・C =浴槽a・b

※純温泉A:加水なし、加温なし、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし
※純温泉C:加水なし、加温あり、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし
※冬季のみ純温泉C、冬季以外は純温泉A
※鳥飼旅館の浴槽は全て純温泉A・C


 純温泉の浴槽 

 


浴槽a(男湯)=純温泉A・C
※冬季のみ加温ありのため純温泉C、冬季以外は純温泉A

 


浴槽b(女湯)=純温泉A・C
※冬季のみ加温ありのため純温泉C、冬季以外は純温泉A

 


純温泉認定書

特徴 関金温泉で貴重な純温泉の宿。自家源泉が2本あり、それらを混合し、浴槽に注いでいる。また、鳥飼旅館の温泉は弱放射能泉の基準値の約2.5倍の含有量を持ち合わせている。無色透明の湯はほぼ無臭であり、とても柔らかく、適温~ややぬるめ。そして、飲泉も可能である。鳥飼旅館には露天風呂は無く内湯のみだが、放射能泉は内湯でこそ効果が期待できる。冬場のみ加温し純温泉Cとなるが、それ以外の期間は純温泉A。

 


温泉分析書

コメント1件

※以下のコメントは、純温泉サポーターズクラブの方々のコメントです。
  • 今中 宏明 より:

    達磨大師(だるま)さんが玄関に鎮座、お出迎えです。『純温泉協会認定施設』になったとの事で初訪問しました。『感謝』『忍耐』とか何やら有難い額が飾らせています。入口には、いきなり【この温泉飲めます】から。
    この白金湯は癖無い非常に入りやすい湯、温も41℃弱、長湯を楽しみたい方打って付けな旅館。
    単純弱放射能泉。
    (低張性弱アルカリ性高温泉)
    関金にお越しの際はこちらお電話してからお立ち寄り下さいませ。
    鳥飼旅館
    〒682-0411 鳥取県倉吉市関金町関金宿1232


  • ※純温泉サポーターズクラブの方々のみ、コメントが可能です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事