toggle
2019-07-09

【純温泉】和歌山県 湯の峰温泉「旅館伊せや」

  • 【住所】〒647-1732 和歌山県田辺市本宮町湯峰102
  • 【TEL】0735-42-1126
  • 【泉質】含硫黄ーナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉
  • 【宿泊】1泊2食7,818円~、素泊まり5,658円~(夕食1,200円、朝食800円)
  • 【立ち寄り湯】大人600円、小人300円 不定休のため事前に確認の電話を
  • 【喫煙】客室不可、ロビー及び喫煙スペースにて可
  • 【言葉】日本語、英語
  • 【ペット】不可
  • 【その他】お部屋にテレビはございません

 宿のオフィシャルサイト   地図 


 純温泉の浴槽  

※純温泉A:加水なし、加温なし、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし

※「旅館伊せや」の浴槽は全て純温泉です


浴槽a(判官湯 男湯内湯)=純温泉A

 


浴槽b(姫乃湯 女湯内湯)=純温泉A

 


浴槽c(姫乃湯 女湯露天風呂)=純温泉A

 


純温泉認定書

特徴 硫化水素臭漂い、湯葉のような大きな湯の花が乱舞している。日によって透明であったり白濁したりする。硫黄と重曹成分を含み、美肌効果が期待できる。

※純温泉A:加水なし、加温なし、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし


温泉分析書

 


その他詳細情報

コメント4件

  • 今中 宏明 より:

    湯の峰温泉 公衆浴場亡き今、湯の峰温泉で日帰り出来ないと思われてませんか?。10時〜16時迄600円で日帰り温泉の受付あるんです。こちら湯峰温泉歴史ある宿を気軽に日帰りがたのしめる、しかも自家源泉。湯筒にたまご引っ掛けて、ひとっ風呂。温泉たまごは半熟より固茹での方が成分含まれ旨いんです。
    平日などお客様がいない時、男性に姫の湯(女湯)にも入ってってと湯守様から勧められるかも?
    男湯、湯口は足元から。女湯、湯口は高いとこから少しづつ。湯口に付着した湯花が自重で耐えきれなくなり湯船に落下。汲み上げ湯葉の様に舞う不思議な湯であります。
    是非ご訪問くださいませ。

  • 吉田広一 より:

    初めて姫の湯に入れて頂き湯の花の多さに驚きました。ゆばのような湯の花がまた凄い!
    露天風呂もあって、また男性風呂とは感じが違いました。10時30でしたが、気持ちよく入れて頂き、ゆっくり純温泉の素晴らしい湯に疲れたことに感謝です。

  • 杉戸 克洋 より:

    国道311号線から湯の峰温泉方面へ。湯の峰温泉の駐車場から徒歩2分位の川の右側にある湯宿です。

    温泉は、硫化水素臭のする硫黄泉。女性用の浴室には、湯葉のような大きな湯の花が舞っている。透明で日により白濁。

  • 尾畑卓郎 より:

    2020年11月に訪問、GoToトラベルキャンペーンを利用して2食付きで宿泊させていただきました。
    大和八木から日本一長い路線バスに乗って、奈良交通「湯の峰温泉」バス停からすぐ。紀伊田辺からは龍神バス、新宮からは熊野御坊南海バスも利用できます。
    硫化水素臭の強い白濁したお湯に感動しました。
    食事は仕出し弁当ですが、しっかり味付けされており、ご飯や味噌汁は温かいので美味しくいただけました。


  • ※コメントは、純温泉サポーターズクラブの方々のみ、となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事