toggle
2022-02-08

【純温泉】新潟県 岩室温泉「割烹旅館松屋」

  • 【住所】〒953-0104 新潟県新潟市西蒲区岩室温泉605
  • 【TEL】0256-82-5120
  • 【泉質】含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
  • 【宿泊】1泊2食15,000円~、素泊まり6,750円~
  • 【立ち寄り湯】不可 
  • 【喫煙】客室不可・喫煙スペースは玄関先外部にあり
  • 【言葉】日本語
  • 【ペット】不可
  • 【Wi-Fi】館内全域


 宿のオフィシャルサイト  
   地図 


 純温泉浴槽配置図 

 純温泉A =浴槽①②

※純温泉A:加水なし、加温なし、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし

※浴槽①は、冬場は加温のため、お湯を投入しているため、冬場は純温泉には該当しません。


 純温泉の浴槽 

浴槽①=純温泉A

※3月頃~11月頃は純温泉A、11月頃~3月頃はお湯を入れて適温に(加温)するため純温泉に該当しません。

 

浴槽②=純温泉A

 


 純温泉認定書 

 


 温泉の特徴 

とても個性あふれる温泉で、特に「香り」と「色」がとても個性的です。

泉質名は「含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉」です。硫黄由来の香りが漂う温泉ですが、それだけではありません。石油(あぶら)のような香り、通称「アブラ臭」も漂っています。硫黄の香りとアブラ臭がMIXした香りが漂う温泉です。これは全国的にもとても稀少な温泉アロマ臭といって過言ではないでしょう。

また、硫黄成分と鉄分を含む温泉のため、日によっては透明、白濁、そして黒と色が変化する温泉です。硫黄を多く含む温泉の場合、白濁するケースが多いのですが、黒く変色する温泉は日本全国の温泉でも数カ所ではないでしょうか。知らずに訪れた場合、驚かれる事でしょう。また、黒く濁っていなくても、湯船の底に黒い沈殿物(湯の華)が沈んでいる場合があり、それらが体に付着し、足の裏が黒くなる場合もありますが、自然の恵みや不思議として楽しんで頂ければと思います。

また、塩分を豊富に含み、高張性(人体の体液濃度より濃い)のとても濃い温泉であり、体の水分が体外に出ていきやすく、いわゆる湯あたり(脱水症状)を起こしやすい温泉でもありますので、長湯は禁物です。また、入浴前後にはしっかりと水分補給、できれば塩分も含んだ水分補給をすることをおすすめします。また、塩分濃度が高いため、温まりの効果はとても高いため、冷え性の方にはとてもおすすめの温泉です。また、黒くなる温泉ですが、硫黄成分により美白効果も期待できる温泉です。

そして、岩室温泉エリアでは、純温泉的温泉は稀少です。類まれなる岩室温泉の自然なままの温泉を体感されたい方におすすめです。

 


 温泉分析書 

 

関連記事