toggle
2020-06-08

【純温泉】宮城県 鳴子温泉「旅館すがわら」

  • 【住所】〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷5
  • 【TEL】0229-83-2022
  • 【泉質】ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉、ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉、ナトリウム-炭酸水素塩温泉(3泉質)
  • 【宿泊】1泊2食11,150円~、素泊まり5,650円~
  • 【立ち寄り湯】10:30~20:00(17:00までの日もあり) 大人500円、小人250円 ※入浴は1回1箇所の浴室のみとなります 
  • 【喫煙】客室可・喫煙スペースあり
  • 【言葉】日本語・外国語はスマートフォンで翻訳対応
  • 【ペット】猫及び小型犬は可(吠えたり鳴いたりする場合は不可)


 宿のオフィシャルサイトへ  
   地図 


純温泉浴槽配置図

 純温泉A =浴槽a・b・c・d・e・f・g・h・i・j

※純温泉A:加水なし、加温なし、循環ろ過なし、消毒なし、入浴剤なし
※旅館すがわらの浴槽は全て純温泉A

※浴槽aは摩天の湯B源泉
※浴槽bは摩天の湯A源泉
※浴槽c~jは摩天の湯C源泉


 純温泉の浴槽


浴槽c(摩天の湯浴室の内湯)=純温泉A(摩天の湯C源泉)


浴槽d(摩天の湯浴室の露天風呂)=純温泉A(摩天の湯C源泉)


浴槽g(貸切風呂3)=純温泉A(摩天の湯C源泉)


浴槽h(貸切風呂4)=純温泉A(摩天の湯C源泉)


純温泉認定書

摩天の湯A源泉

 

摩天の湯B源泉

 

摩天の湯C源泉

 

特徴 自家源泉を3本所有。全てが掘削自噴型の温泉であり、全ての浴槽が純温泉Aである。

「摩天の湯A源泉」は、純重曹泉であり、いわゆるモール泉でもある。角質を柔らかく取り除いてくれる美肌の湯である。

「摩天の湯B及び摩天の湯C源泉」は日によって透明~コバルトブルー~白に変色する全国的にも珍しい泉質である。肌の潤いやハリを与えてくれる硫酸塩泉であり、保温効果の高い塩化物泉であり、天然の保湿成分と言われるメタケイ酸も多く含む湯は、とろみがあり、美容液のような温泉である。また、独特の薬品のような香りも有している。

また、コバルトブルーに変色する温泉は九州エリア以外では、旅館すがわらだけだと言われている。

 


温泉分析書

摩天の湯A源泉

 

摩天の湯B源泉

 

摩天の湯C源泉

関連記事